>ホーム

気になる求人が見つかっても職場に引き止められてしまった場合

top middle bottom
メディカルチェックとは?~求人を見る前に見るサイト~

引き止められる可能性も考慮しておく

看護師の求人はたくさんあり、タイミングが合えばいつでも転職することが可能です。しかし、どの職場も人手が不足しているため、退職するとなると引き止められる可能性があります。

引き止められる可能性も考慮しておく

看護師は転職しやすい

看護師の人手不足が大きな問題となっていますが、その分、求人もたくさんあるといえます。年齢や経験を問わず採用している職場も多いため、看護師の転職はハードルが低いといえるでしょう。しかし、どの職場も人手が不足しているため、「転職しやすくても退職しにくい」という問題があります。実際、「転職を決めたのに過度な引き止めにあって転職できなかった」というケースも少なくありません。そのようなトラブルを起こさずに退職するには退職理由が重要です。どのように伝えればスムーズに退職できるのでしょうか。

退職理由は正直に伝えるべきか

退職する場合は退職理由が問われます。しかし、その内容によっては引き止められてしまうことがあるので注意しましょう。
引き止めにあいにくいのは、健康状態や家庭の事情、スキルアップなどです。これらは病院側の対応で改善できる問題ではないため、過度に引き止められることもなくスムーズに退職できます。しかし、人間関係や待遇が退職理由の場合は引き止めにあいやすいため、そのまま正直に伝えるのではなくアレンジして伝えるようにするといいでしょう。例えば、人間関係が原因の場合は「人間関係が悪いから」とそのまま伝えるのではなく、「(人間関係が原因で)ストレスで体調を崩したから」のように、人間関係の部分を伏せて伝えるようにします。同じように、給与や待遇に不満があって転職する場合も「(給与が高く)スキルアップにつながるところに転職したいから」と伝えるといいでしょう。ポイントは感情的な理由は伏せる、ということです。嘘ではない範囲で上手にアレンジして引き止めをかわしましょう。

円満退職するために

双方にしこりを残さず、円満に退職するには退職理由を理論的に説明するよいいでしょう。一時の感情で転職するのではなく強い意志があって転職する、ということを伝えることが大切です。ネガティブな退職理由の場合は正直に伝えず上手にアレンジして伝えた方が引き止めにあいにくいと先述しましたが、嘘はいけません。嘘が原因で誤解が生じたり、疑われたり、と自分が困ることになってしまいます。
円満退職したいなら退職理由はもちろんです、が計画的に準備を進めることも大切です。突然退職した場合、引継ぎが何も行われていないので周囲に迷惑をかけてしまいます。「非常識な人だ」とマイナスの印象を与えてしまうでしょう。遅くとも3ヵ月前に伝えるようにしましょう。もちろん、引継ぎもしっかり行わなければなりません。引継ぎ専用のノートを作って患者さんの情報を書き込んでおけば、後任の人も安心です。

メディカルチェックについて理解する